<< 日本でセカンドオピニオン | Main | 米国の脳外科医に話を聞く >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |
日本でセカンドオピニオン・脳外科
下の記事で脳外科に回してもらって、後日再訪。

脳外科の医師って、日本でも米国でも会ったけれど、ちょっと特殊。
なんというか、偉い研究者という感じ。
会社ならプログラマーとかエンジニアっぽい。
応対がサービス業のそれらしくないのだ。

脳外科医はMRIを見ながらんーんーとしばらく考えていたけれど、応対は要約すると、どうせここで手術受ける気ないんでしょ、という態だった。
ただ、ここでも時間は沢山費やして下さり有難かった。

早く手術をした方がよりリスクも低く済むのでは?と聞いても、うーんそれも本人の価値観によりますよねぇ、ギリギリまで手術を待って快適な時間を多く過ごすか、積極的に治療したいと本人が思うか…みたいな返答。
(今この返答を読み返すと、機能温存は2の次みたいに思えますねぇ…)
脳外科領域では簡単な方の手術だが(命に関わらないため)、積極的に手術を勧める感じではなかった。
が、どうも的を得ないというかやる気のないというか…な話を自分の頭の中で要約していくと、でもいずれは必ずしないとならないですねぇ、ということのようだ。

どうせ手術しなくてはならないなら、決めてしまおう。
そう思いこの場では、では次の一時帰国で手術します、と返答した。

まぁ大丈夫だと思いますよ…という返答。(ちなみに米国では絶対にこういう返答はしない)
というのも日本では眼窩腫瘍、しかも脳外科領域での手術は非常に症例が少ないらしく、この病院では去年も1人いたかどうか…というのである。
うーん…でも日本で受けるなら多分どこでも同じだろうし。選択肢ないし。うーん。
そして次回は入院前の打ち合わせになること、手術前に血管造影検査をやると言い渡された。
後から考えると、血管造影検査は必要だったかどうか疑問。


結局、この予約はキャンセルすることになる。
この後米国の脳外科医にも話を聞くことができたからだ。
良性眼窩腫瘍 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
- | - | - |
Comment









 
Trackback

Profile



こんにちは。ここから整体院・おおのしほこです。
1975年11月29日生まれ、いて座A型
音楽・着メロ制作→整体師→駐在員妻にてジョージア州在住。

Search

Category

Comment

Trackback