スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |
Noism 『 solo for 2 』『中国の不思議な役人』
12/5〜1/5まで日本に帰国していました。
そのときに観たNoismの舞台について。

『 solo for 2 』
何組ものパ・ト・ドゥ、in バッハ。
無機質な演目だと思い金森さんのインタビューを読むと、あえて記号的・技術を見せる演目にしたのだそうです。
その技術レベルたるや、日本のカンパニーにおいても類を見ない完成度だと思います。これだけでも観る価値があると思う。わたしは十分にほれぼれと観ました。
井関佐和子さんあってのNoismと言われる中で、わたしはこの演目は彼女を出さずに見せることができると思い、井関さん抜きで観たかったと思いました。“Noismが観せる”という意味で、将来に向けて挑戦のできる演目だと思う。

『中国の不思議な役人』
上とは打って変わって、井関さんの存在感たるや…!やはり彼女の踊りは情感があってこそ、です。
いやもう彼女だけでなく、全部が迫ってきます。
縁あってNoismの演目は戯曲的なものばかり観ていることになるのですが、演劇とダンスの境目って何だろうと思ってしまう。
前半の終わり頃、ぐっと引き込まれて圧倒されて高揚しました。
ひとつだけ言うと、藤澤さんの役がもっと怖かったらいいなぁ。


わたしはエンターティンメントにお金を割くことに対し、昔からものすごくケチです。
(最近は舞台や映画など、時間と空間を割いて観るものにはそうでもなくなりましたが…)
正直に言うと、過去に踊りを観に行って、チケット代に見合う価値が十分にあったと思える舞台は非常に少ないです。
その中でNoismは、いつも値段に見合う・観に行ってよかったと感じる。

少しでもコンテンポラリーダンスに興味のある方は、いちど観てほしい。
そう強く思います。
好き好きはあれ、見ておくことに大きな意味があると思う。
世界レベルのコンテンポラリーダンスを演っているカンパニーです。
http://www.noism.jp/
ダンス・バレエ | comments(0) | trackbacks(0) |
アトランタの大人ダンスクラス
たいへんニッチな需要(というかあるのか?)に向けた情報ですが…。
しかもわたしが探したのはコンテンポラリークラスが中心なので、人気のあるバレエクラスの情報はあまり多くありません…が、ご要望をいただければ喜んで調べますので、気軽にコメント欄にお声かけください。

【共通ポイント】
・公共交通機関のみで行けるスタジオはないと思われます。乗用車かタクシー必須。
・治安が微妙な場所もあります。旅行などで土地勘のない方は、2人以上で行くことをおすすめします。
・ほとんどの場合、初回は用紙(同意書)の記入を求められます。


Atlanta Ballet Adult Open Division
オープンクラス。$14/1レッスン
規模も知名度も、アトランタの代表格。
スタジオは3か所ありますが、外国ならではの体験をするなら本部(Midtown Centre)がおすすめ。隣のスタジオではバレリーナがリハをやっていたりしますし。
ダンスは敷居が高いと思う方には、Intro・Beginningバレエ(ただし後続にポアントクラスがないクラス)、BuckheadセンターのDance Fitness、Modernクラスがおすすめです。


Atlanta Dance Central Adult Classes
オープンクラス。$15/1レッスン
少人数です。白人が多い。


Ballet McCaffery
月謝制。入会金と1レッスン毎の料金が必要。
日本人の女の先生と、日本語が少し分かるアメリカ人の男の先生が教えてくださいます。
大人オープンクラスは平日午前。少人数なので、個々のレベルに合わせて教えてもらえると思います。


Gotta Dance Atlanta
オープンクラス。初回 $5/1レッスン、2回目以降 $15/1レッスン
フィットネス感覚で、多彩なジャンルのクラスが毎日あります。
黒人が多いです。スタジオはストリート系の雰囲気なので、クラシックの方はちょっと戸惑うかも。
治安が微妙な場所なので要注意。


Dance 101
オープンクラス。$20/1レッスン、割引率の高い回数券あり
同じくフィットネス感覚のスタジオ。多彩なジャンルのクラスが毎日あります。
初心者向けのクラススケジュールがHPに掲載されているので便利かと。


アトランタでは(一部地区を除き)公道を徒歩や自転車で移動することはないので、在住の日本人はどうしても運動不足になります。
そのためスポーツジムに通う方、ヨガやZumba・Jazzerciseをやられる方が比較的多いですが、ダンスもいいと思うんだけどな〜。


実はこの記事、2回書きかけては消えて挫折しそうでした(笑)3度目の正直でなんとかUP。
お探しの方はよろしければどうぞ。
ダンス・バレエ | comments(2) | trackbacks(0) |
あべあか音さんのワークショップ
今年も名古屋にて、あべあか音さんの熱いコンテンポラリーダンス・ワークショップが開催されています。
バレエやジャズetc…の、別ジャンルのダンスをやられている方にも、あたらしい発見と学びがたくさんあるクラスだと思います。
時は絶好のサマーワークショップシーズン! ぜひ受講されることをおすすめします。
わたしも行きたかったー。

(以下転載)
=====================
あべあか音ワークショップ>>

今年もあべあか音ワークショップを以下の通り開催します。
今年は、初めてコンテに触れる方、ダンス経験のない方にコンテの面白さを知っていただきたく、入門・初級クラスを開講します。
しかも、お試しクラスとして、7/24(日)、31(日)は入門・初級クラスが500円で受けられます!
体に無理なく、気持ちよく動かせますから、興味はあるけどついていけるか不安…という方はぜひどうぞ。
また、ダンス経験があって、海外でのレッスンに興味があるという方には、中・上級クラスをお勧めします。
ぜひお越しください!

【あべあか音ワークショップ2011】
期間:2011/7/23(土)〜8/31(水)
■金澤志保バレエスタジオ
月曜
 10:30ピラティス
 13:30コンテ

火曜
 19:00コンテ

水曜
 17:00ピラティス
 8/24・31のみ18:30コンテ

木曜
 19:00インプロ&コンタクトインプロ

金曜
 19:00中・上級コンテ

日曜
 8/7・14・28のみ11:30ピラティス

※期間中8/23(火)、25(木)は休みです。
※金曜日は金澤志保バレエスタジオの団員・準団員クラスとの合同です。
金澤志保バレエスタジオ…
(地下鉄「塩釜口」)
名古屋市天白区元八事5丁目214番地シャルダン塩釜212号
052-833-0117

■金澤志保バレエスタジオ以外
7/23(土)@中SC
 12:00ピラティス
 13:30コンテ

7/24(日)@市民会館
 13:00入門・初級コンテ(お試し¥500)
 14:30中・上級コンテ

7/30(土)@市民会館
 13:00ピラティス
 14:30コンテ

7/31(日)@千種SC
 15:00入門・初級コンテ(お試し¥500)
 16:30中・上級コンテ

8/6・13・20(土)@ウィルあいち
 13:15入門・初級コンテ
 15:00中・上級コンテ

8/27(土)@ウィルあいち
 11:15コンテ

「@」以降は以下の場所を表します。
中SC…
「中スポーツセンター 軽運動室(小)」
(地下鉄「伏見」「大須観音」)
名古屋市中区栄一丁目30番10号
052-232-2327

市民会館…
「中京大学文化市民会館 第1リハーサル室」
(地下鉄、他「金山」)
名古屋市中区金山一丁目5番1号
052-331-2141

千種SC…
「千種スポーツセンター 軽運動室」
(地下鉄「東山公園」「星ケ丘」)
名古屋市千種区星が丘山手121番地
052-782-0700

ウィルあいち…
「ウィルあいち フィットネススタジオ」
(地下鉄「市役所」)
名古屋市東区上竪杉町1番地
052-962-2511

●各クラス1時間半です。
●ピラティスはポータブルマットもしくはバスタオルの持参をお願いします。
●当日の人数によりお断りさせていただくことがあります。予約の方を優先します。

レッスン料金:
1クラス ¥2,500
5クラスカード ¥10,000
(2シーズン有効)
7/24(日)、31(日)の入門・初級クラスは1クラス500円!
金澤志保バレエスタジオ会員は金澤志保バレエスタジオでのレッスンが会員料金で受講できます。
詳しくは金澤志保バレエスタジオにお問い合わせください。
=====================

ところで、わたし自身も11月に名古屋ストレッチ教室を開催しようと思っています。
詳細は9月以降になるかと思います。興味をお持ちくださった方、いらっしゃいましたら気長にお待ちくださいね。
ダンス・バレエ | comments(0) | trackbacks(1) |
アトランタバレエ団のアダルトオープンクラス
やっと体を動かしてくることができました〜。
とにかくまったく英語ができず話せず聞き取れず、しかも現地人を前にすると上がってしまう。また運転もままならないため(こっちの道は名古屋より車線が多いです…)、行くのがアメリカ生活の最初の目標だったんです。
夫に英語のカンぺを書いてもらい(笑)、運転も何度も道をたしかめて、意を決してなんとか参加してきました。

エクササイズクラスで、動きの中でストレッチをする…というクラスだったけど、ひさびさに体を動かせたのはうれしい。
(たぶん、アメリカでは全体的に)先生は、気さくでフレンドリーで魅力的です。
英語ができないのは悲しいけれど、よし、通うぞ。

オープンクラス、1h…$12/1.5h…$14、入会金などはありません。気軽でうれしい。

今日のスタジオは支部で、こんな感じ。ショッピングモールの中にあります。


本部はこんな。まだできたばかりみたい。

たぶん、どのスタジオでもステージを想定してリハーサルができる広さと高さ。
日本では考えられないほど、ものすごくりっぱな施設です。
見せてもらっただけで緊張した…たはは。
ダンス・バレエ | comments(2) | trackbacks(0) |
3Abschied ドライアップシート 3つの別れ
あいちトリエンナーレ2010・パフォーミングアーツの大トリ『ドライアップシート・3つの別れ』を観てきました。

わたしはローザスをまったく観たことがなく、何の予備知識もなく、『ケースマイケル』の看板だけでチケットを取ってみた、この公演。
最初から意表を突かれました。えっ、こんな形アリなの?
隣の席の人は途中で「やっと始まった…」とつぶやいていました。たぶんダンスの公演だと思って、踊りを観に来たのでしょう。

ジャンルは、ない。
芸術でした。
もちろん、テクニックでもエンターテインメントでもない。
キュレーターの唐津さんが「ジャンルを超えたものを目指した、トリエンナーレの最後にふさわしい演目」(というようなことを)説明された通り。
前衛芸術や抽象画を見るような感じで時間を過ごさないと、消化不良になるのかもしれない。

けれどわたしは、そういうこととはぜんぜん違うものに圧されていました。



(整体で)クライアントさんのおからだに触れていると、ごくたまに引きずり込まれるようになることがあります。
息がしづらくなり、頭の中が締め付けられるような感覚。

アンヌ(ケースマイケル)を見ていたら、だんだんしんどくなってきました。
あの感覚。
本人まで、直線距離で何十メートルも離れているのに。(今日の体調の影響もあったのかもしれませんが…)
おかげでそれに気づいてからは、仕事のときと同じようにからだを使っていないと大変でした。

アンヌは今年50歳。踊りの技術そのものは、とうにピークを超えています。
内容も、この演目は賛否両論らしいですね。批評をするように観るとすれば、個人的にはよく分からない。

しかし、わたしにとってはそういう次元ではないのでした。
とにかく、彼女に呑み込まれる。
技術やクオリティとはまるで別のところにある、表現者として必要なもの。

おそらくアンヌは、ひととしては不完全で不安定。
でも、芸術なんだろうと思う。

ジェロームはアンヌと、そういう意味で対極。
いやー彼を見ているとカラダ楽だったー(笑)
アフタートークで話していたけれど、アンヌとは一見反対でシステマチックなのだと。だからしっくり組めるんだろうと思いました。


帰宅して動画サイトで初めてローザスの作品を観て、なるほどねえ〜と思っています。
公演後、ふらふらと栄の街を歩きながら帰ったあの感じは、Noismを観た後の感覚に似ていたな。
ふうむ。

ダンス・バレエ | comments(0) | trackbacks(0) |
光の記憶
あいちトリエンナーレ・祝祭ウィーク公演『光の記憶』を観てきました。

こんなに大きいホールでコンテンポラリーの舞台を観るのは初めて。
そしてわたしの席は3階自由席。
この舞台にたった数人(と演奏家)って、見えるのかなあ?なんて思っていたのですが、どっこいふたりのダンサーの振りと演出はそれにふさわしいものだった。
内容は現代アートそのものといった感じで(でも理解しやすい)、このジャンルを観るのも初めてだったのですが、名古屋にもちゃんと国際レベルで通用するコンテンポラリーがあるんだ…と感じました。

男性・中田一史さんの身体能力と技術はすばらしかったです。
女性・倉知可英さんからは、ほとばしる気迫が伝わってきました。
語り部(歌い手)でありダンサーではない児玉たまみさんが加わると、演劇とダンスを分けるのってナンセンスなのかもしれないと思った。

演劇、どうも食わず嫌いがあったのですが、ちゃんと観ようかな…と思い始めてます。

知らなかった経験をさせていただきました。
ありがとうございました。

ダンス・バレエ | comments(0) | trackbacks(0) |
トウシューズ(ポアント)について
IADMS(International Association for Dance Medicine & Science)のサイトに、日本語資料が更新されました。

トウシューズを履き始めるときはいつでしょう?トウシューズの練習を始めるためのガイドライン(PDFファイル)

基本的には子どものためのガイドラインなのですが、大人からバレエの方も一度、目を通されることをおすすめします。
トウシューズはプロを志す者だけが履くべき、という見解には個人的に賛同です。
でも、やっぱりあこがれますよね…自分のテクニックレベルのひとつの指標でもありますし。


ダンス・バレエ | comments(0) | trackbacks(0) |
やっと行けた
今年の夏もやってきた『あべあか音ワークショップ 2010』
なかなか予定が合わなくて、毎年2〜3回しか伺えないのだけど…今年もやっと今日行くことができました。

昨年までは定期的にレッスンに行っていなかったのもあって、棒立ち状態&終わるとどこか痛かったり張っていたり…という体たらくだったのですが、今年はめちゃくちゃですが止まらず動けたし、どこも痛くもなく張りもしなかった!うれしい。
ここ半年強はレッスン(コンテンポラリー)に行くようになったのと、ふだんの整体での体の使い方のおかげだなあ。
でもまだ、大きく動こうとすると、余計な力で反動を付けているのが分かる。
やろうとしちゃだめですなー。もうワンチャンスだけあるので、そのとき意識してみよう。

あべさんのワークショップは、毎年8月限定。
はじめてさん歓迎、雰囲気がよく入りやすいクラスです。
ふだんはバレエな方にも、大きな刺激と収穫になると思います。夏の最後に思い切って参加されてみてはいかがでしょう〜。

ダンス・バレエ | comments(0) | trackbacks(0) |
名古屋のコンテンポラリーダンス・レッスン情報ページを作りました。
名古屋の、コンテンポラリーダンスのレッスン情報ページを作りました。>>
取り急ぎで、まだレイアウトもきたないのですが、時間のあるときにちょこちょこ見やすく手直ししてゆきます〜。
なにせ、あべ先生のワークショップはもう始まっちゃいますから…今回はスピード優先。

できるだけ自分でレッスンを体験したうえで、講師の方に直接リンク許可をいただいたうえで、ご紹介したいと思っています。
なので少しずつになるとは思いますが、徐々に情報を増やしていきますので…。
いずれは、解剖学(からだのしくみと正しい使い方)に基づいたレッスンを行っているバレエクラスもご紹介したいと思っています。

この機会に、興味はあるけれどなかなか敷居が高くて…という方がレッスンに参加していただけますように。

ダンス・バレエ | comments(0) | trackbacks(0) |
あべあか音さんのコンテンポラリーダンスワークショップ 2010 のご案内
名古屋では数少ないコンテンポラリーダンスのワークショップ。
今年の夏も、あべあか音さんが開催されます。
コンテンポラリーってなあに?興味があるけれどなかなか…という方も、この機会にぜひ行ってみてください。

=============================================================

今年もあべあか音がロンドンから暑い夏を連れてやってきます。
ワークショップを以下の通り開催しますのでぜひお越しください!
日本ではまだまだコンテンポラリーダンスのレッスンを受けられる環境が少ない中、このワークショップではロンドンで今現在教えられているテクニックやダンス事情を学べます。
コンテンポラリーダンスに興味のある方、初心者の方もぜひどうぞ!

期間:2010/7/19(月)〜9/2(木)
■芸術創造センター 練習室1 or 2
7/19(月)、8/3(火)、10(火)、17(火)、24(火)、9/1(水)
18:00 ピラティス
19:30 コンテンポラリーダンス
※定員は先着20名です。
■金澤志保バレエスタジオ
水曜 13:00コンテンポラリーダンス、18:30ピラティス
木曜 20:00インプロ&コンタクトインプロ
金曜 19:00コンテンポラリーダンス
※期間中7/21(水)、8/26(木)は休みです。

●各クラス1時間半です。
●ピラティスはポータブルマットもしくはバスタオルの持参をお願いします。

レッスン料金:
1クラス ¥2,500
5クラスカード ¥10,000
金澤志保バレエスタジオ会員はスタジオでのレッスンが会員料金で受講できます。
詳しくは金澤志保バレエスタジオ(052-833-0117)にお問い合わせください。

詳しい内容などについてはチラシがございます。
ご希望の方は、FAXまたはメール(パソコン)にてPDFファイルまたはWordファイルまたはJPGファイルをお送りしますのでご希望の方法をご連絡ください。
ブログ(http://maikobo.at.webry.info/)からでもJPGファイルがご覧いただけます。

皆様のお越しをお待ちしております!

=============================================================

舞工房によるコンテンポラリーダンス初公演!
「舞工房 壱(one)」
日時:平成22年9月5日(日)
午後2時00分開演、午後6時30分開演
場所:名古屋市西文化小劇場
料金:2,500円 全自由席

あべあか音氏が日本でコンテンポラリーダンスを教えるようになって約10年、その間に日本にもコンテンポラリーダンスが随分と広まってきました。
バレエが盛んな名古屋でも近年活動が盛んになり、名古屋の中心となって活動しているダンサーや大学、高校のダンス部などで、あべあか音氏に関わっている人が少なくありません。
これまで舞工房はバレエスタジオの公演等の中で作品を上演させていただいていましたが、今回はあべあか音氏や舞工房の名を皆さんにもっと広く知っていただきたいという思いで、コンテンポラリーダンス主体の舞工房主催としては初の公演を行うことになりました。
また、金澤志保バレエスタジオの協力を得て、牧阿佐美バレエ団の相羽源氏氏による振付作品なども上演します。
ぜひご来場ください!

ダンス・バレエ | comments(0) | trackbacks(0) |

Profile



こんにちは。ここから整体院・おおのしほこです。
1975年11月29日生まれ、いて座A型
音楽・着メロ制作→整体師→駐在員妻にてジョージア州在住。

Search

Category

Comment

Trackback